海の底、空の上

思ったことを思ったままに。

当たり前と慣れ

 


ふと、たまに昔の曲を聴きたくなることがある。

 

昔流行ってた曲とか昔自分がハマってた曲とか題名も忘れしまったドラマ主題歌とか…。


私は昔からジャニヲタというわけではなくて、昔は音楽番組をみて、いいなと思った曲を聴いてた気がする。
もちろん、その中にもジャニーズの曲は入ってるけれど、昔はジャニーズのグループは詳しくなくて、何にも知らずに聴いていたと思う。

 

 

 

 

最近もふと聴きたくなった曲があった。

 


NEWSの『SUMMER TIME』

 


当時すごい歌ってた気がする。
何年前か調べたら2008年でビックリ!!

 

そりゃあ、懐かしくもなりますよね〜


9年前の2008年の私はジャニヲタではございません。

NEWSがジャニーズであるのは知ってたけど、
全員の名前は言えたか言えなかったか程度です。

 

 

ジャニヲタになった今、振り返ると、私が最初に知ったときはNEWSは6人だったんだな、と。


なんだろう。この気持ち。この感じ。


なんだろう。
今NEWSが4人で活動していることが自分の中で当たり前になってるような気がした。

 


6人から4人に減ってしまったとき、私はファンでもなんでもなかったし、特に気にもしてなかったからだろうか。

 

でも、6人のNEWSの映像を久しぶりに見ると、Mステに出てたのは覚えてるし懐かしさもある。

 


やっぱり6人のNEWSが私の中で当たり前だった。
私は6人のNEWSからしか知らないから。
6人でNEWS。それが4人なった。
同じ曲を4人で歌っている映像を見ると、これが失うことなのか…と思ってしまう。
もちろん、NEWSのファンの方々が感じた気持ちには程遠いのだろうけど。

 

今NEWSは4人で活動している。
私がジャニヲタになったとき、すでに4人で活動していたから、4人の方がみてる回数が多いから、だから4人が当たり前のように感じたのだろうか。
それとも慣れなのだろうか。

 

 

実際、NEWSを知らない外野の私が見てるからだとは思うけど。
NEWSのファンの方々とは全然違う感情なのだろうけど。

 

 

私にとって当たり前だった6人が4人になる。
その“当たり前が当たり前ではなくなる=失う”と言うのならば、“慣れ=◯”は何なんだろう。

 

“慣れ=当たり前”ではないとは思うんだ。

 

実際そうなるのが理想なのかな。どうなんだろう。

 

でも、私は一瞬でも、当たり前だった6人のNEWSではなく、今の4人のNEWSを当たり前のように感じた自分にショックを受けた。

 

まるで、6人が幻だったかのように。

 

4人に慣れてしまって、6人いたことを忘れてしまっていた。

 


もちろん、私がNEWSのファンでもなんでもないからだと思う。
だけど、、、自分が好きな人たちが他の人からは時間が経てば忘れられるのかと思うと、慣れって怖い。

 

でも、これって普通なんだろうな。

 

なんなんだろうな。

 

私は何が言いたくて書いているんだろう。

 

自分でもわかりません。笑

 

 


このちょっとした出来事で『慣れって怖いな』って感じた。

 

 

 


全てにおいて、当たり前なんてないのかもしれないと思った。
だけど、私は当たり前であってほしい。
彼らが大好きな仲間とずっと一緒に活動していくこと。

 

 

ちっぽけな愛を2010年の君たちに届けたい。〜BOYSとの出逢い〜

 


前回5月末に24魂の感想を書き、そこで“BOYSとの出逢いについては今度書く”と書いてから、もう1ヶ月以上経ち7月になってしまいましたが、書くか悩みましたが、書こうと思います。

 


______

 

 

何も知らない私がこんなこと言っていいのか分からないけれど、、、BOYSが好きなんです。

 

 

______

 


BOYS…濵田さんがJr.時代に所属していたユニット

 

私がBOYSを知ったのはデビューするちょっと前。
たしか2012〜2013年くらいだったかと思います。
すでに最近のように感じますが、好きになったのはもっと最近で今年の2月中旬。


BOYSが2011年に解散状態になったのに、今年って驚きますよね。私も驚きました。
6年も経ってるのにな って。

 

 

なぜ2012〜2013年に知っていたのに今年になって好きになったのか。


私、BOYSの存在は知っていたけど、
BOYSのパフォーマンスまで知らなかったからです。


私が濵田さんを知ったときにはBOYSはなかった。
だから、そのユニット名と元相方さんの顔と名前しか知らなかった。
濵田さん1人で踊って歌っているところしか見たことなかった。


そして、今年の2月中旬に見たんです。

BOYSの“2人”のパフォーマンスを。

 

なぜ今まで見たことがなかったのか、、、自分でも不思議です。笑

 

2月上旬、その頃リトラの落とし飯や破門があったこともあり個人的に濵田さんが凄いキテたんです!(元々はまりゅせが大好きなのもありますが)
破門を一緒に見に行った友人に“濵田さんがかっこいい”と内容のないLINEなんかしちゃって。笑
そしたら、“濵田さんかっこいいよ…若い頃とかイケイケじゃん”なんて返信がきたものだから、Jr.時代の濵田さんが見たくなって検索したんです。


もちろん、この時に思い浮かべたのは、前にも見たことがある濵田さんが1人で歌っている映像でした。


私は全て見ているわけではないので、見たことがあるものから見たことがないものまで、かっこいいな〜なんて思いながら動画を見てました。
いろいろな動画を見ている中、ふと見た動画が衝撃的だったんです。

 

 

 

 

 

『少年たち 〜格子無き牢獄〜 のショータイムのBOYSのBattle』

 

 


衝撃を受けました。

 

 


かっこいい。

 

いや、かっこいいなんてずっと前から気づいていたし、いつも濵田さんはかっこいいと思ってる。
しかも、Battleを初めて聴いたわけでもない。


なのに、衝撃を受けた。

 


ジャニーズWESTの濵田さんとBOYSの濵田さんが私の中で何かが違かったんだと思う。

 


お互い見ることもなく、綺麗に揃ったバク宙。
下から風を受けながら歌うBOYS。

 


かっこいい!!かっこよすぎる!!!
BOYSってかっこいい!!!

なんで私知らなかったんだ!!!!

 


それから、BOYSの他のパフォーマンスを見たくなり、探しました。


Stay Gold、Give Me、Love or Guilty、夢色クロニクル、そして、さよなら〜二人の空〜。


Stay Gold、Give meに関しては濵田さん1人で歌っているのを聴いていたので知っていましたが、他の曲は知りませんでした。


どれを見てもかっこいい…


特に、Give Meの帽子の投げ合い。

このパフォーマンスかっこよすぎる…

 

 

今まで私にとって、Stay GoldもGive meも濵田さんが歌ったのが1番だったんです。
他のJr.が歌っても、やっぱり濵田さんが歌ったStay GoldやGive meには勝てないなって、1番だなって、そう思っていました。

 

でも、その、今まで私が1番かっこいいと思ってたものを軽々と超えていった。

だから、衝撃受けたのだと思います。

 


あーーーBOYSって凄い!!

かっこいい!!!!!!!

 


調べていくと、BOYSは最初4人だったと知りました。(もっと前だと関西BOYSという5人の時もあったようですが…)
4人でのパフォーマンスもみましたが、個人的にはやっぱり2人でのパフォーマンスの方が好きです。

 

 

 

 

 

 

でも、BOYSを知れば知るほど、凄さやかっこよさに気づけば気づくほど、もういないことが突きつけられる。

 

もう濵田さんの隣に“2人でてっぺん目指そうぜ”と言った人はいない。

 

でも確かにBOYSは存在していて、2017年になった今でさえ、私のようにBOYSに惹かれる人がいる。

 

 

 


濵田さん、“なくなって気づく大切なものってあるよ”って言ったけど、私はようやくその“なくなって気づく大切なもの”に気づけた気がします。

 

 

 

 


どれを見ても2人の息が合っていて、どれを見てもかっこいい。
どれもかっこいいけれど、私の中では、2010年の少年たちで披露したBattleが1番です。

 

明るくパァーッとB.A.D.色に染まり、キラキラ輝く2人のステージに対して、バッと一瞬にしてBOYS色に染め、ステージでギラギラと輝く2人。

 

めちゃめちゃかっこいい。

 

他に少年たちのショータイムで歌ったBIG GAME だって、Blow out だって、なんだって、BOYSが1番かっこいいよ。

 


癒し系キャラのジャニーズWESTの濵田さんもかっこいいけれど、BOYSの濵田さんは凄くギラギラしててかっこいい。

 

 

 

今、気づいたってもう遅いって分かってるけど、BOYSが好きなんです。

 

 

私のこの想いは当時から応援しているBOYS担はじめとする関西Jr.担の人からすると、何も知らないやつのちっぽけな想いにすぎないかと思います。

 

 

 

ちっぽけかもしれない。

ちっぽけかもしれないけど、

そんな私のちっぽけな愛を2010年の君たちに届けたい。

 

 

 


______

 

 

遅くとも、今はもういなくとも、
君たちにBOYSに出逢えてよかったと心から思います。

『♡24から感謝🎄届けます♡』のDVDをみて。〜Jr.時代メドレー〜

 

最初に言っておきますが、私はJr.時代の彼らを画面を通してでしか見ていませんし、知りません。
※あくまで私が思ったことです。

 

_____

 

 

はじめにアメフリ→レインボウがかかり、2人が出てきた時は鳥肌が立ちました。

 

“B.A.D.がいる。私が知っているB.A.D.が大人になった姿で京セラでアメフリ→レインボウを歌っている。”
そんな感覚でした。

 

これは復活というのでしょうか、蘇ってきたというのでしょうか、分かりませんが…。

 

虹色に輝く階段を降り、向かい合って歌う2人の姿は、その時だけジャニーズWESTではなく、B.A.D.の桐山照史中間淳太だったように私には感じました。

 

 

 

 

次に濵田さん登場。
バックにB.A.D.の2人をつけ、1人でStay Goldを歌う濵田さん。

 

元々ユニット曲であるこの曲を歌う濵田さんは、先ほど歌ったB.A.D.のようには感じませんでした。

 

私、BOYS好きなんです。しかも、割と最近です。
(そんな私とBOYSの出逢いはまた今度書くとして)
実際に生でBOYSを見たことがない私が、このドームの場所にもいない私が、言っていいのか分かりませんが、“BOYSの濵田さんは居なかった”ように感じました。


それは当たり前なことかもしれません。
ですが、先ほど歌った2人のように濵田さんも“その時だけBOYSの濵田崇裕だった”と感じると思っていました。


でも、歌っている時も濵田さんはずっとジャニーズWESTの濵田さんだった。

 

ジャニーズWESTの濵田崇裕がBOYSが歌っていたStay Goldを歌ってる”という感覚でした。

 

ちょっとした違和感ともうBOYSの濵田さんは居ないんだというちょっとの寂しさと悲しさ。


そして、申し訳ありませんが、
“照史くんにはふざけないで欲しかった。濵田さんに最初から最後まで歌い切って欲しかった。”
と少し思ってしまいました。
でも、それが楽しかったと濵田さんが言うので、もう思いません。ごめんなさい。


そんな感情がぐるぐるしながらも、全体が紫色に輝き、みんなが濵ちゃんと言っているドームは凄いなと感じていました。

 

 

 


次に7WESTでDial Up 。
これは、前の2曲で感じたものとは、また違う感覚でした。

 

アメフリ→レインボウの時に感じたB.A.D.が再び現れたという感覚とも、反対に、Stay Goldの時に感じたBOYSはもう現れないという感覚とも、違って…。

 

7WESTではないけれど、所々私が知っている7WESTの4人が現れているような…

 

あの頃よりも、丸くなった神山さんに髪色が明るくなった藤井さん、キャラが濃くなった(猫を捨てた)重岡さんに大人になった小瀧さんがいて、、、進化した7WESTが歌っているという感覚でしょうか…そんな感じでした。

 

 

 

 

3曲歌い終わり、7人で歌うNEXT STAGE。

黄金期と呼ばれる時代からなにきんがいた時代まで、ジャニーズWESTのメンバーとたくさんの関西Jr.が歌った、昔からあるこの曲。

 

それを今この7人で歌っている。

 

Jr.時代それぞれのユニットに所属して歌ってた7人が今では1つのグループとして歌っている。

 

しかも、京セラドームで。

 

なんか、凄いなって。

 


頑張って、耐えて、失って、得て、喜んで、悔しんで、傷つけて、傷ついて、笑って、泣いて、、、この7人になったんだと私は思う。

 


この“7人でめくるめくSTAGEへ進んでいくんだ。”


当たり前ではあるけれど、あの頃よりも顔つきが変わっていて、“俺たちは進んでいくんだ!”と感じというよりも、“僕たちと一緒に進んでいこう!”と感じたNEXT STAGE。

 

 

______

 

 

この7人がジャニーズWESTであることが“運命”だなんて私は言えないし分からないけれど、この7人がジャニーズWESTで“よかった”と思います。

 

 

もう振り返らないとまでは約束できないけど、“今しか見てない”と君が言うのだから、私も“今”の君らしか見ないよ。

 

 

 


これからジャニーズWESTとして、どんなSTAGEへ進んでいくのか、凄く楽しみです。

『♡24から感謝🎄届けます♡』のDVDをみて。〜本編〜

 

遂に、2016年12月24日と25日に京セラドームで行われたジャニーズWEST 1stドームLIVE『♡24から感謝🎄届けます♡』のDVD&Blu-rayが発売されました。


去年のクリスマス、私は京セラドームの場所にはいませんでした。

(親に反対されたからという言い訳は置いておいて)円盤化が決まった時は、
『やっと、メンバーが、ファンが、
“特別なライブ” “夢のような時間” “感動した”
などと言っていたLIVEが見れる!!!』
と思い、嬉しかったです。


早く見たくてフラゲしました。
ちなみに私はレポも雑誌もラジオも全ては見ていません聞いていません。
せっかく知らないなら知らないまま見た方が楽しいかなと思い、セトリも見ないままDVDを入れました。


楽しみと少しの緊張。

 

DVDをスタートさせて、最初に感じたのはドームのデカさ。そして、ペンライトの綺麗さ。

 

皆さん言っていたので分かってはいましたが、実際に映像で見ると凄いなと始まる前から圧倒されました。

 


そんなことを思ってるうちに、映像が流れ始め、ええじゃないか から始まったジャニーズWESTのシングル曲中心のメドレー。

 

そして、SCARS→Can't stop→Criminalとダンスをするかっこいい曲。

 

あっという間。

 

その次のJr.時代メドレーが意外と早いなという感覚でした。

 

いろいろな感情が出てきたので、Jr.時代メドレーについては別に書きたいと思います。

 

Jr.時代メドレーの最後には、今となってはジャニーズWESTの曲となったシルエットを歌い、終了。


Jr.時代メドレーに浸る暇もなく、
粉もん→100%ILoveYou→浪速一等賞
と一気に盛り上がる曲。

 

正直に言うと、いつもなら踊って盛り上がる粉もんも今回はちょっとボーッとしてしまって、、、いつも通りになったのは100%I Love Youのときくらいからです。

 

100%I Love Youの藤井さんの『100%だぁ〜!』は死ぬレベルで可愛いので皆さん是非とも見てください!!!

その後のぴょんぴょん跳ねるはまりゅせも最高に可愛かった〜!


そして歌い終わり、MC。
まさか出てくると思わなかった重岡さんのソロ曲のお話やお泊まりのお話などなど。

そして、Jr.時代もクリスマスはメンバーといて松竹座でライブしてたと聞いたときは、“クリスマスに約1000人入る松竹座のステージに立っていた彼らが、2016年のクリスマスには約45000人入る京セラドームに立っているって凄い”と改めて思いました。


MCが終わり、ボクらを披露し、関西Jr.コーナー。
Jr.コーナーで最後に披露されたBIG GAMEもJr.時代メドレーがあったからなのか、前の2曲とは違う気持ちになりましたが、関西Jr.が頑張ってるところや康二のゴイゴイスーが見れたのでよかったです。

 


その次にクリスマスメドレー。
濵田さんがSexy Zoneを歌ったことだけは知っていましたが、誰がなにを歌ったかは分かっていなかったので楽しみでした。

 

見てみたら、

藤井さんと中間さんでのWISHが超イイ!!カワイイ!!
(個人的に藤井さんと濵田さんの組み合わせが大好きで、いつか2人でユニット曲を出して欲しいとずっと思っていますが、)初めて“りゅせじゅんでユニット曲を出して欲しい!”と思いました。

 

そして、噂のセクハマ!
濵田さんが可愛すぎた〜!
しかも、歌い方似せてきてる〜似てる〜!


クリスマスメドレーでは色々な曲を色々な組み合わせで歌っているのが見れて楽しかったです。

 


クリスマスメドレーが終わると今度はパラパラメドレーからチョエク、ワンチャンとかっこいい曲と続く。

 

チョエク前の映像の格好良さは何なんでしょうか…。
ジャニーズWESTみんなカッコイイ……。

 

パラパラからのこの映像…!
ジャニーズWESTの良さが出てる!!
これぞ!メリハリだ!!!(謎のテンション)

 

藤井さんの「行くぞ!京セラ〜!!」も超イイ!!!カッコイイ!!

 

そんなことを思っているうちに、ラッキィスペシャル→バンバンッ!!とラストスパート。

 

 

 

 

 


…All My Loveに行く前。
1人ずつの挨拶を聞いて正直に感じたこと。

 


挨拶の最後に

(´◇`)「これからもずっとずっと僕らのそばにいてください」
(θヮθ)「こういう機会がございましたら、僕たちと一緒に騒ぎましょう」
('・エ・`) 「変人7人組ですけども、これからもよろしくお願いします」
(^ワ^=)「誰よりも素直で自由なライブ、お仕事、いろいろ頑張っていけたらと思っておりますので、、頑張ります」
(ノノ_☆)「皆さんに楽しいことや笑顔になってもらえるようなことをお届けするように頑張りますのでこれからもジャニーズWESTの応援をよろしくお願いします」
(`‐´)「これからも僕たちと一緒に一緒の歩幅で進んでいきましょう」
(б∀б) 「これからも僕たちと共に大きくなっていきましょう」

 

…と言うけれど、


(´◇`)「ここまで来るのに、もちろん“いろいろ”あったけど」
(ノノ_☆)「ここに来るまでに“いろいろ”ありましたけど」
2人が話した“いろいろ”を私は共有していない。

 

(´◇`)「一緒に同じペースで同じ歩幅で」
(`‐´)「一緒の歩幅で」
歩けるかは自信はない。

 

(б∀б) 「近い関係でいよ。…約束は守るから」
アイドルがファンとする約束は守るものではなく、安心させるものだと思ってるから、正直、守らなくてもいいと思ってる。

 


でも、こんなことを思ってる私ですらさえも、

 

_昔のことは知らんでもいい。
_俺たちが手をとるから大丈夫。
_ちゃんと守るから。


『置いていかへんから』

と彼らは言ってくれるのだろう。


優しいよね。

 

All My Loveやアンコールでのマ・ル・モ・ウ・ケの『俺ら次第や〜』という彼らを見て、Wアンコールのええじゃないかを見終わった時には改めて感じるものがありました。

 

 

 

“幸せをありがとう。これからも信じてついていきます。”

 

 

 

私からも感謝届けます。

これからもジャニーズWESTを応援していきます。

 

 


そう改めて感じさせてくれる1st ドーム LIVEでした。

 

はじめまして。

はじめまして。

 

 語彙力も文章力もありませんが、

ポジティブなことからネガティヴなことまで、

その時思ったことを思ったままに書こう!

と思い、ブログを始めてみました。

 

よろしくお願いします。