海の底、空の上

思ったことを思ったままに。

『♡24から感謝🎄届けます♡』のDVDをみて。〜Jr.時代メドレー〜

 

最初に言っておきますが、私はJr.時代の彼らを画面を通してでしか見ていませんし、知りません。
※あくまで私が思ったことです。

 

_____

 

 

はじめにアメフリ→レインボウがかかり、2人が出てきた時は鳥肌が立ちました。

 

“B.A.D.がいる。私が知っているB.A.D.が大人になった姿で京セラでアメフリ→レインボウを歌っている。”
そんな感覚でした。

 

これは復活というのでしょうか、蘇ってきたというのでしょうか、分かりませんが…。

 

虹色に輝く階段を降り、向かい合って歌う2人の姿は、その時だけジャニーズWESTではなく、B.A.D.の桐山照史中間淳太だったように私には感じました。

 

 

 

 

次に濵田さん登場。
バックにB.A.D.の2人をつけ、1人でStay Goldを歌う濵田さん。

 

元々ユニット曲であるこの曲を歌う濵田さんは、先ほど歌ったB.A.D.のようには感じませんでした。

 

私、BOYS好きなんです。しかも、割と最近です。
(そんな私とBOYSの出逢いはまた今度書くとして)
実際に生でBOYSを見たことがない私が、このドームの場所にもいない私が、言っていいのか分かりませんが、“BOYSの濵田さんは居なかった”ように感じました。


それは当たり前なことかもしれません。
ですが、先ほど歌った2人のように濵田さんも“その時だけBOYSの濵田崇裕だった”と感じると思っていました。


でも、歌っている時も濵田さんはずっとジャニーズWESTの濵田さんだった。

 

ジャニーズWESTの濵田崇裕がBOYSが歌っていたStay Goldを歌ってる”という感覚でした。

 

ちょっとした違和感ともうBOYSの濵田さんは居ないんだというちょっとの寂しさと悲しさ。


そして、申し訳ありませんが、
“照史くんにはふざけないで欲しかった。濵田さんに最初から最後まで歌い切って欲しかった。”
と少し思ってしまいました。
でも、それが楽しかったと濵田さんが言うので、もう思いません。ごめんなさい。


そんな感情がぐるぐるしながらも、全体が紫色に輝き、みんなが濵ちゃんと言っているドームは凄いなと感じていました。

 

 

 


次に7WESTでDial Up 。
これは、前の2曲で感じたものとは、また違う感覚でした。

 

アメフリ→レインボウの時に感じたB.A.D.が再び現れたという感覚とも、反対に、Stay Goldの時に感じたBOYSはもう現れないという感覚とも、違って…。

 

7WESTではないけれど、所々私が知っている7WESTの4人が現れているような…

 

あの頃よりも、丸くなった神山さんに髪色が明るくなった藤井さん、キャラが濃くなった(猫を捨てた)重岡さんに大人になった小瀧さんがいて、、、進化した7WESTが歌っているという感覚でしょうか…そんな感じでした。

 

 

 

 

3曲歌い終わり、7人で歌うNEXT STAGE。

黄金期と呼ばれる時代からなにきんがいた時代まで、ジャニーズWESTのメンバーとたくさんの関西Jr.が歌った、昔からあるこの曲。

 

それを今この7人で歌っている。

 

Jr.時代それぞれのユニットに所属して歌ってた7人が今では1つのグループとして歌っている。

 

しかも、京セラドームで。

 

なんか、凄いなって。

 


頑張って、耐えて、失って、得て、喜んで、悔しんで、傷つけて、傷ついて、笑って、泣いて、、、この7人になったんだと私は思う。

 


この“7人でめくるめくSTAGEへ進んでいくんだ。”


当たり前ではあるけれど、あの頃よりも顔つきが変わっていて、“俺たちは進んでいくんだ!”と感じというよりも、“僕たちと一緒に進んでいこう!”と感じたNEXT STAGE。

 

 

______

 

 

この7人がジャニーズWESTであることが“運命”だなんて私は言えないし分からないけれど、この7人がジャニーズWESTで“よかった”と思います。

 

 

もう振り返らないとまでは約束できないけど、“今しか見てない”と君が言うのだから、私も“今”の君らしか見ないよ。

 

 

 


これからジャニーズWESTとして、どんなSTAGEへ進んでいくのか、凄く楽しみです。